みんなが見ている注目記事

  1. A6レディ
  2. デプス OSP入荷
  3. 大阪【ルアーショップ ウルア】です!本日も!熱烈&営業!しております!連日、魅惑の【鮪・キャスティングタックル】入荷中~ですょ!本日は・・・小田原名物【車谷ルアー】!“クルペン”~!サイズは・・・160F/180/210が!入荷致しました!“銀箔”を張りつめた・・・超・MAX・光沢な!ルアーです!『一言・・・綺麗です!』『極め・・・超・少量入荷です!』『即!武装!お願いいたします!』←(ネットショップは!こちら!)【車谷ルアー】“クルペン”160F/180F/210F相模湾マグロ&ヒラマサで!実績!大なルアーです。小田原生まれ、相模湾のキハダマグロをフィールドとしたスーパー・ハンドメイド・ダイビングペンシル。ビルダーの車谷さん・・曰く・・・ダイビングさせた際に、潜り過ぎず水面直下をS字アクションで泳ぐことが、マグロ・ヒラマサに強くアピールします。仕上げの金属箔の光の反射率にも着目し、アルミ、銀箔張りを釣況、海況におおじて使いわけを意識して作っています。特に、銀箔は他の製品がつや消し物を使用しておりますので、あえて鏡面に近い仕上げを施しております。F160 160mm 45g ST-56/66 2/0F180 180mm 60g ST-56/66 3/0F210 210mm 80g ST-56/66 4/0【ルアーショップ ウルア】大阪府 池田市 栄町 4-4 池田ビル 201号室TEL 072-786-5391【営業時間】12:00~19:45(平日)12:00~18:45(日・祝日)【定休日】火曜日(不定の為、要HPトップページ確認)【ホームページ】https://ulua.info/

    【車谷ルアー】“クルペン 160F/180/210”入荷致しました!
  4. TVをつけりゃ毎日毎日「暑いです!」「酷暑です!」「異常な暑さです!」などとカリカリに陽射しが照りつける街中に出掛けて行って陽ざらしにした温度計を手に「40℃越しました」だの「45℃という異常な暑さです」のレーポート毎回、正直、少々ムカつくマスコミが「着色」して、少しでもインパクトあるように「演出」感が(意識or無意識かかわらず)イラつくのだそりゃ~、温度計を陽ざらししてりゃ温度計が熱持って40℃だって50℃だって上がるだろ気象庁の観測温度と、現実に人間が街中などで感じてる温度は異なるはずだが街頭レポートで市販の温度計を陽ざらしして「現在〇〇駅前は、なんと40℃越してます」など、インパクトあふれる酷暑レポートを作り上げるそれ真実か??真実伝えてる自信あるか??と思う気象庁の観測は昔は学校でも習った百葉箱で観測いまどき百葉箱からは観測方法が変わってるようだが図面を見ても物体が加熱されつづけて異常な数値になりにくいように外気を取り入れながらできるだけ外気の温度を計測しようとしてるのが装置の作りからも伝わりますプラスチックケースで包まれた市販の温度計を街中でしばらく陽ざらしにして「気象庁の発表気温は〇〇℃ですが体感温度はこれくらいはあるかと思います」・・・をアピールするは違うと思うこんな街頭レポートを受けスタジオのいろんなコメンテーターが「なんか地球がおかしくなってますよね~!」だの「異常気象ばかりですね~!」だの理由付けをすべて自分の知識の中の理由付け・・・「温暖化」というなんでもかんでも自分が知ってる中の知識の中での理由付けで解決バカのイッチョ覚えのようになんでもかんでも「温暖化」や「異常気象」で片づける風潮が世の人達の中にはあるそんな安易になんでもかんでも「温暖化」=「そんで異常気象」そんな方程式まるで「磯焼け」はウニのせい・・・という風潮と一緒お蔭で、ここ数年は駆除の対象オレも専門家じゃないけど子供の頃から五島の海を潜ってきた「現場でしか感じない実感」というのもある5年10年スパンの研究者の研究や机上の理論だけではまた実原因や実情と異なることを一般に伝えてることだってあるハズだここ10年や20年でウニが増えたワケじゃないましてや磯焼けの悪の権化的扱い「ガンガゼ(写真)」も昔っから適したエリアには大量に居たその「適したエリア」ってのは外海の潮切れが良く海藻も茂ってるような地ではなく、少々ワンドで、海藻も少ないエリアを潜るとガンガゼは普通に居たそもそもガンガゼは、こんな豊かな藻場は嫌う藻場は、ケン(トゲ・針)が細くて長いガンガゼはケンが折れやすく傷めやすいので(ケンがたくさん折れると死ぬしね)ほぼ居ない他のムラサキウニやアカウニは藻場に居るけどねオレが40~50年というスパンで五島の現場で感じてかぎりは磯焼け=ウニではないオレが小さかった頃のほうがはるかにウニは多かった大きくて立派なアカウニ(今では激レアレベルで磯でも見つけにくいが、当時はわざわざひと潜りで2~3個海底から拾ってくるのがメンドクサイと思うほど海底にウジャウジャあったウニ漁の他県の4~5人の海女を漁業権売って1年だったか2年だったか島に入れた時港の堤防の片隅でウニ割りしていたが、ウニが大量すぎてウニガラを捨てたその付近の水深が浅くなるほどその場所は40年以上経った今でも浅いというスゴさそれだけ豊かな海がありましたそれが今では、有名な五島列島の海といえど白い海底が続く、それこそ磯焼けで、海底で目立つもんはガンガゼガンガゼが悪玉たしかにガンガゼだって藻類を餌にしてるけどガンガゼはいわば枯渇に強いとゆ~か豊かな藻場を生活環境とせず石灰藻など白く焼けた海底の藻類を餌にしているようです食してるものが少々異なるのですそもそも、好んで藻場の藻(カジメ、アラメの森やホンダワラなどの森)を食したのち、食いつくしたならこんな状況になった途端に自然淘汰で生きて行けずウニも居なくなるのが普通ほかの原因で「焼けた後」で・・・こいつらが好む環境になったからコイツらが居るあとはアイゴやイスズミなどの海藻を食する魚の影響などとも言うがその魚だって今になって増えたワケじゃない逆に昔のほうがウジャウジャいた「アイゴ」(バリ:ウチの田舎だと「ヤノバ」「ヤノバリ」などと言う)や「イスズミ(イズスミ:ウチの田舎だと「シチクレ」)がウジャウジャいたって海藻の森はあったこいつらのせいではない逆に、焼けて減った後でわずかに海藻が生えようとしてると枯渇した海の中で藻が育とうとしてる貴重な餌場、わずかに生えようとしている藻を彼等もついばむ悪玉となるそんな流れだとオレは思う海藻が枯れたのは川が死んだからだとオレ個人は思ってる牡蠣の養殖などもそうだが牡蠣を育てるには山を育てる山が豊かになれば牡蠣もよく育つ・・・などとここ20~30年で海と山の関係が常識化されてきました山の木々、土壌から雨が降るたびに川に流れ込む山のミネラル類それが海に流れ込み海でミネラルを待つ生物たちが繁殖するその「山→川→海」のミネラルの流れが遮断されたり激減したせいで海が枯れたのだとオレは思うこれも現場での実感で机上の理屈ではない我が故郷の小さな島は20年ほど前までは公共事業も県内トップレベルで金引っ張ってきて小さな小さな島に土建屋が何軒成り立ってるんだ!ってほど公共事業費が落ちていた道作る、川いじる、港いじる・・・(参考画像)「必要」にかられて、というより探してでもイジる、すでに不自由しない生活道路がある道でもあっちゃこっちゃつなげてバイパスさせる(それも都会のように便利になるワケでなく)工事があるたびに、まっ茶っちゃの泥水が港に流れ込み港内だけでおさまりきれず周辺の磯もまっ茶っちゃ磯には黄砂の後のように汚泥が降り積もるそんな工事が終わった後の川はただの「大きなU字溝」のごとくコンクリートで固められ山からの染み出るミネラルはほとんど混ざることなく「雨水」がそのまま川になりただ海に流れ込むだけせめて上流にはこんな姿があればマシだと思うけど護岸もコンクリートじゃなく石垣などだったら川にも優しく染み出るミネラルもありそうなもんです海が枯れて当然じゃないか・・・と思うのですガンガゼが悪玉アイゴやイスズミが悪玉冤罪&濡れ衣、じゃないかと思うのですじゃあ昨今の「異常に暑い」だの「異常気象ですね~」だの「温暖化の影響でしょうね」的に手近な理由をすべて「温暖化」で「異常」みたいな風潮ってど~なのよ!?って思うのですホントに「温暖化」だけの理由なのか??暑くなったのはここ最近だけなのか??昔もそれなりに暑くなかったか??などといろいろ思うのですそう思って過去の気温データをネットで探してみるオレが小さかった頃と大して変わってないTVをつけるとここ20~30年でいきなり異常気象・異常気温になったかのように「異常!」「異常!」強調するが・・・もし、たとえ40~50年昔より2~3℃上昇傾向が見られたとしても「温暖化」だの「二酸化炭素増加」だのの影響だけで片づけてはガンガゼやアイゴと同じようなもんになる気がしてならないもし、このデータが40~50年昔から2~3℃上昇してたって昔を思い返してみたって暑いのは暑かったで、当時は家にエアコンがある家なんてイイトコの家みたくて、エアコンがある家のほうが少なかった車だってそう、40~50年昔と今の自動車台数はオレが小さかった頃の何倍だ??4~5倍市街地だって40~50年昔と今ではビルの数、道路の数など整備具合も随分異なるオレが小さかった昭和40年代の程よい時代背景の写真を見つけることができなかったがそれより10年ほど古い、昭和30年代の佐世保駅周辺同じ場所(2018年3月ストビュ)街並みだけでも「同じ気温になるワケがない」と思う大したことない地方都市ですらこれだけ違うましてや都会になるほどコンクリートとアスファルトで固められた街ヒートアイランドは顕著になるはずである昔より暑くなって当然である先程の人間が造り出した「人工的熱」の影響もすさまじいと思う各家庭に2台3台は普通にあるエアコン室内は涼しいだろうが室外機が排出する熱は相当なもんそれが街中、数万台、数十万台がボンボン熱を排出するひと街まるごと暖房してるようなもんです暑くなればなるほどエアコンはガンガン使われ、室外機が更に熱を放出する悪循環が起こる4~5倍になった車の量昼なり夜なりこんな状況だと人工的に作られた熱源による気温UPあって当然エンジン関係やエアコンコンデンサやブレーキなどが発する熱量はバカにならないと思うこれが何万台と街中で動いてるんだからなんでもかんでも地球温暖化で片づけるのはTVのワイドショーにしたって、それを観て「異常!」「異常!」言う世間ではチープすぎる気がするちなみにね~~~TVの街頭レポーターのごとく外にしばらく2種類の温度計を置いてみた結果がこちらこれだったら「長崎県は本日33℃の予報が出ておりますが、体感温度は49℃ほどあるかと思われます!!」ってレポートすんのか???アルコール温度計のほうは更に50℃振り切ってるんだぜ体感温度は何度って伝えるんだ???屋外放置の車のダッシュ板が目玉焼きできるほど熱くなるように日向に置かれた温度計が熱くなった温度であって人間が皮膚で感じる暑さとイコールにするのはあまりにお粗末・・・

    ホントに「異常」なのか??