みんなが見ている注目記事

  1. ■セラピストに大切な「3つのカン」過日、野球中継を見ておりまして、もうお亡くなりになられましたが、ヤクルトや阪神で監督をされていた野村克也さんの教えというのを、ヤクルトの元キャッチャーでご活躍された古田さんが語っていました。キャッチャーは、ピッチャーが投げてくるボールを、ただ漠然と受けているだけではなく、バッターにできるだけ打たれないように、球種や投げるコースを考えてピッチャーにシグナルを送っています。打者が・・・どの球を狙っているのか・・・・どこに打球を飛ばしたいのか・・・・それをキャッチャーが、打者を観ながら・・・・ときには駆け引きをして・・・・想像力を働かせて打者と対戦しているのです。その際に、キッチャーは 「3つのカン」が大事であるということなのです。 セラピストにとっても、とても重要なことだと感じましたので、ご紹介させていただきます。一つ目のカンは・・・・「観」セラピストは、病気の治病・何かの症状の解決・その他様々な体調の改善に役立てるために施術を施していますね。そこで大事なのが、クライアントを「観る」という意味合いのカンです。 これは、洞察力につながります。 同じ病気や症状でも、その原因はまちまちであることが多いわけですから、この観による洞察眼が大事になってきます。姿勢・呼吸・歩き方や動作・声や目・・・・はたまた思考の特性などなど、多くのポイントがあります。 施術の工程を考えていくときに、これは、どこをどう施術をすればいいのか? というのを考えるのに、大変役に立ちます。 つまり洞察力を磨くことがまず一番目に重要なことです。二つ目のカンは・・・「感」セラピストは、クライアントの身体に触れるわけですから、何となく触れていてはいつまでたっても質の高い施術はできません。触れている指や手で、相手の体の発している情報(シグナル)を細やかに、繊細に・・・感じ取らねばなりません。よく・・・クライアントとセラピストが、施術中に、全く関係のない話に興じている場合があります。  これはクライアント側にとっても、効果が落ちますし、セラピスト側にとっても意識が幾分散漫になってしまいます。 これではクライアントの身体とセラピストの意識が一体となり、氣が通い合うという濃度は小さくなるでしょう。  お互いによろしくありません。セラピストにとって、この「感じる力」は、生命線となりますので、磨いてゆかねばなりませんね。三つ目のカンは・・・「勘」勘とは・・・物事の意味や良し悪しを直感的に感じ取り、判断する能力とあります。カウンセリングを含めて、一つ目の「観」による身体洞察力と、手で触れたときの「感」による感覚力。  これらを合わせて、クライアントの悩みをできるだけ改善するために、どこをどうすればよいか?・・・・という「判断力」が大切だと思います。これは経験すればするほど、この「判断力」は磨かれて参ります。つまり ①洞察力 → ②感覚力 → ③判断力 となるのです。よくセラピストの方の名刺をいただくと、まあ・・・・実に様々な施術技術を学んでいらっしゃる方がいます。 技術を学べば、クライアントの悩みを解消できる良い施術ができるとは限りません。そんなにたくさんの技術を学ばなくても、野村監督の、この3つのカンを実践していけば、一歩突っ込んだ深い施術ができるようになります。セラピストの先生方は、この「3つのカン」を意識して、日々のお仕事に向かっていただきたいと願います。

  2. YouTube「クーミンChannel」【デトックススープ】 小さい声で〜『ダイエットはじ…
  3. 5月4日と言えば・・・
  4. 5/4TM vs SC相模原30分×3本1-00-01-1U15を2つに分けたチームにU14からも4名入ってもらってGW最後の活動です。前日はリーグ戦、さらには当日午前中の試合とのダブルヘッダーの選手もいて遠征合宿のようなハードスケジュールで締めくくりました。そんな状況の中でしたが、SC相模原さんとの試合となれば自然と勝負にこだわるようになります。球際や勢いなど激しい試合となりました。相手の勢いやスキルに押される時間帯も続きましたが、最後のプレーでゴールを決めきってくれました。2つの得点シーンでは、リーグ戦で見せたようなダイレクトプレーと時間がない中での良いパスからの得点と、成長を感じられました。それ以外にもチームを救うようなプレーや姿勢を出せる回数が増えてきています。こういった難しい試合が続くことで良い選手になっていけるはずです。ただ、今回はスコアには表れませんでしたが、この試合でも大事な場面で大事なポジションをとれないシーンがまだまだ多くあります。この大事なところが伸びてきているだけに、もう一歩、さらに伸ばしましょう。精神的な強さの部分と事前の準備の部分の両方がポイントです。これでGWの活動は終了です。まずは疲れをとることがとても大事ですが、1日だけ残っている休みを有意義に使ってください。

    U15 TM vs SC相模原