みんなが見ている注目記事

  1. 甥っ子さんの結婚式のお祝いに ご出席されるとのことで生徒さんの着付け事前に草履とバッグと足袋以外は我が家へ持ち込んでくれたので足りないものないかチェックしてたら、、、半襟が汚れとるよ〜これは目立つでとなりまして半襟もつけてあげました※半襟もつけてください〜て方は着付け代金プラス1.000円で承ります(笑)←この日そう決めましたそして当日、、、Yさん「先生❗️昨日草履見たらボロボロで思わず先生にLINEしようとしたんよ❗️先生、草履がボロボロやけんどうしようってでもすぐに、先生に言うてもいかん、思って呉服店行って買うてきました」私「うん、それで正解草履は私も売ってないけん」そもそも前日に見るの遅いなもうちょっと早めに見よか?お嫁入りの時に誂えた訪問着だそうでずっとスタイル変わらないの凄いですサイズドンピシャでした補正でヒップ位置上げときました大事な席ですからね下着のラインくっきり出るような着付けはしてないのでご安心下さいYさん「うわあ!足長見えるーーーー先生、ありがとう〜〜」ホテルで撮ってもらった画像頂いたのでYさんの奥様姿、どうぞ↓私と同じ年なんですよ49歳には見えないですよねかわいくてきさくな方でピアノの先生なんですよ↓インスタはこちらからpiacereピアノ教室さん子供さんから大人の方まで四国中央市三島でレッスンされてますピアノない方でもキーボードでも気軽に習えるそうですよ全然ピアノ出来ない大人の方でも趣味で気楽に楽しめるレッスンだそうです今までピアノ弾いたことない人がおもむろに米津玄師のレモンとか弾けたらかっこいいですよねお問い合わせはインスタからぜひ着付け、レッスンのお問い合わせはこちらから↓さといも着付教室さといも着付教室愛媛県四国中央市土居町にあります | さといも着付教室 | さといも着付教室r.goope.jp

    訪問着着付け
  2. 皆さま、こんにちは。日々、星のことを書いているのですが常に矛盾や葛藤も感じています。どういう事かといいますと大いなる宇宙の仕組みや動きは私達小さな人間の誰にもコントロールなど出来やしない。天体の動きを観察したり暦の上で追いかけて意味を理解し、意識はすれど自分の小さな頭の中や紙の上のホロスコープの中にその大いなる動きを押し込めないようにしよう。いつも、その両方の間を意識しています。天体は誘えど何もしない。私達が意識するのだ。もしかしたら、意識することさえ必要ないのかもしれません。ただただ、大いなる宇宙に守られていると信じて、身を委ねていけばいい。どうしたいのかどうありたいのかを明確にするだけで。5月の星の航海図オンラインセッションのご案内です。向き合いたいテーマや課題についての考察やただただ、ご自身のチャートを詠んでもらいたい。今、自分にはどのようなテーマがあるのかを知りたい。いずれも、大歓迎です。今月から、出生図のマイナーアスペクトについてもセッションに盛り込み、積極的に考察を深めていきます。私自身が、多くのマイナーアスペクトを出生図に持っていて学びに触れたところ納得出来るものばかりです。ここに、実は、使いたい力や自分で実感したいと願う力が心の奥に秘められています。マイナーアスペクトをお持ちでない場合もありますがもしあれば、ぜび一緒に考察していきましょう。5月の星の航海図オンライン・セッション日程です。セッションのお時間は60分です。●5/19(水)13:00から18:00までの間●5/22(土)13:00から16:00までの間●5/27(木)13:00から17:00までの間●5/29(土)・11:00・13:00・14:30・16:00●5/31(月)13:00から17:00までの間セッション料:12000円(税込)事前のお振込をお願い致します。PayPalでのお支払いの場合は別途手数料を加算させて頂きます。皆さまからのお申込をお待ちしております!5月の星の航海図オンライン・セッションのお申込と詳細はこちらからどうぞ!5/23(日)からスタートしますクリエイティブ・アストロロジーアドバンスト講座ですがまもなく予定人数に達します。全ての皆さまに発言して頂いたり課題のフィードバックもさせて頂きたいので、予定人数を設定しています。お申込・お振込の締め切りは5/17(月)とさせて頂きます。お早めにどうぞ!次回は8月スタートです。クリエイティブ・アストロロジー・アドバンスト講座

    たくさん共感されています

    大いなる宇宙に身を委ねて。5月のオンライン・セッション。
  3. 療養食が大人気
  4. ⚜️⚜️🖤⚜️✨👑✨⚜️❤️⚜️⚜️今ある状況を宇宙本来の流れに戻し本当のあなたへと導き超一流の心身調整で美しさを惹き出す聖ジュエル☆けいこ⚜️⚜️🖤⚜️⚜️❤️⚜️⚜️🖤⚜️⚜️皆さん、こんにちは~♪ゴールデンウィークはどのように過ごされていますでしょうか?先日、日本橋にある東京サロンから運動がてら銀座まで歩いていたのですが、緊急事態宣言の発出もあり、休業しているお店が多く目立ちました。途中に、どこか美味しそうなランチが食べられるお店はないかとキョロキョロしながら歩いていたら、明かりがついているお店を発見!とてもお洒落な雰囲気が店の外観からでもわかり、ちょっと覗いてみたら内装もとても素敵だったので何のお店なのかも確認せずに入店してしまいました。席についてからフレンチレストランだったことが分かり、提供メニューがコース料理のみでしたが、ランチの時間帯だったので価格も思ったほど高くはなく一安心しましたコースはオードブルからスタートし、桜エビのスープが超絶美味しく、とても気に入ってしまいました。その後も出てくるお料理の見た目もどれも華やかで何もかも美味しく、また、お店の方の対応もとてもスマートで配慮が行き届き、ドリンクや料理についての説明も分かりやすく、お店のこだわりなども教えてくださり楽しいひと時を過ごせましたアルコールの提供ができないので、ドリンクの種類を増やしたんだとか。丸ごとレモンソーダ、すりおろししょうが入りジンジャーエール、ノンアルコール赤ワインのサングリアなどなど(ノンアルコール赤ワインってあるんですね。お店の方々の試行錯誤を感じました。飲食業界も大変です。)お客様も1組しかおらず落ち着いてゆっくり食事が楽しめました。思いがけず美味しいランチを楽しめ、お気に入りのお店がひとつ増えちゃいました呼吸の原理は「吐いたら吐いた分だけ入ってくる」☆世間ではマスク生活が定着しておりますが、マスク派の皆さんは、呼吸はちゃんとできていますか?きっと浅い呼吸になっていることでしょう。マスク着用の習慣化によって、 頭がぼーっとして、物事に集中できなくなった 肌荒れするようになった 喉が乾燥するようになった 咳が増えた 口呼吸になった 無表情で笑顔も少なくなったなど。すでにこのような不調として、カラダがサインを出しているのです。カラダが悲鳴を上げるのも時間の問題です。このカラダからの不調サインを見て見ぬふりをすると、そのうち病気が発現することになります。初期の段階で対処することが肝心なのですが、できるかな?ちなみに、口呼吸になると、唾液の分泌が減少し、免疫力が落ち、病気になりやすくなるのです。マスクの着用する時間が長くなれば長くなるほど、ウィルスの感染率が上がります。飛沫は防げても、呼吸することでマスクに付着したウィルスが口や鼻から入ります。マスクは何の役にも立たないどころか、健康への被害の方が多いのです。ご自分のカラダ以上に大事なものがあるのでしょうか?健康はお金では買えませんよ。病気になってしまうと簡単には健康は取り戻せない。病気になってから後悔しても、誰も責任を取ってはくれないですからね。他人の目を気にしてマスクをしているなら、マスクを外してしまいましょう。恐れや不安からマスクをしているなら、新型コロナウィルスについて調べ学んでみて下さい。そして、ウィルスに負けないカラダ作りからスタートして、免疫力アップを図りましょう。”美”という観点からみても、マスク生活を続けると、肌が荒れ、口角はさがり、頬がたるみ、二重あごになる。そう、老け顔まっしぐらです!美意識の高い女性からの悲鳴が聞こえてきそうですが、そうなのです。マスクは老化を加速させます。サロンに通ってくれているお客様たちの”美”は、私がお手伝いしていますので、ちゃっちゃと女性らしい曲線美と美顔に戻しちゃいますけどね!カラダも顔も粘土細工のように自由自在ですから!(^_-)-☆いずれにしても、健康を維持するのはあなた自身です。賢い選択をして下さいねマスクをしていなくても、現代人は呼吸が浅いと言われています。普通でも浅い呼吸なのに、そこに恐れや不安があると、カラダが緊張状態になり、より息が浅くなります。こんな時は、呼吸に意識を向けてみましょう!『呼吸』の『呼』は、”呼気”といって体外に吐き出す空気を意味し、『吸』は”吸気”といって吸い込んだ空気を意味します。そして、呼吸という漢字は、「吐く」「吸う」の順番ですね。”呼吸の原理”は、「息を吐いたら吐いた分だけ入ってくる」です!では、ご一緒に呼吸をしましょう!まずは、お腹の力を使ってゆっくりと吐いてみましょう!ふぅーーーーーーーーーーーーーーー!どうせなら肺にある空気をすべて吐き切るような意識で、ゆっくりと吐いていきましょう!では、鼻から息を吸って!すぅーーーーーーーーーーーーーーー!吸うのはゆっくりじゃなくてもOKです!吸ったら、3秒くらい息を止めて空気を肺に留める!では、ゆっくりと息を口から吐いて!というように、10回くらい繰り返してやってみて下さい!呼吸をしっかり意識してやるのは、慣れるまでしんどいかもしれません。私もやりだした当初は、お腹の力を使って吐くだけで、次の日に筋肉痛になりました。どんだけ腹筋がないのーーーという状態でした。慣れてくると、カラダはポカポカして温まるし、心も落ち着いて、カラダの緊張もとけてきますからね!毎日寝る前に10回くらいやると、心もカラダもリラックスするので睡眠の質がぐぐっと高まりますよ。習慣に取り入れてみて下さいね。心にもカラダにも良い呼吸という働きで、道理の読み解きができます。”呼吸の原理”は、「息を吐いたら吐いた分だけ入ってくる」でしたね。それを、他の物事に置き換えてみましょう!【自分が行動したら行動した分だけ、たくさんのヒトとの出会いがやってくる】【お金を使って経済を回せば回すほど、お金が循環して戻ってくる】【自分の持っている情報や知識を人に伝えれば伝えるだけ、周りから情報や知識が集まってくる】ということです!お金も知識も出し惜しみしていると、色々なことが停滞してきますからね!吐いたら吐いた分だけ入ってくる!何事もこれです!それから、出入口も呼吸と同様、「出る」「入る」の順番ですね!だったら、今持っているものを握りしめていないで、手放すことから始めてみるのも良いでましょう!沢山抱えていては、新しいものが入る余裕はありませんからね。断捨離をして、生活環境を整えると、新しいアイデア湧いたり、直感が冴えます。そして、すべては陰陽ワンセット呼吸も吐いて吸う。お金も出たら入る。ヒトの出会いと別れ。長所と短所太陽と月男と女お金が入るのはいいけど出るのは嫌とか、出会うのはいいけど別れたくないとか、片方だけを望んでも無駄なのです。良いとこどりは出来ません。目の前のことをよく観察して、ありのままに観てください。あなたの周りには気づきやメッセージが溢れています。では、ここまで読み進めた皆さんの中には、「そんなことは知っている!」「言われなくてもわかっている!」そう思ったヒトもいることでしょう!そんなあなたは、・・・・・残念ながら実際には行動していないヒトです。そして、手っ取り早く、苦労なく、コトを成し遂げたいと思っているヒトです。行動しているヒトほど、「だよね~」「その通り!」という反応です。行動をして結果を得ているから共感できるのです。この違いが分かるかな?「そんなことは知っている!」「言われなくてもわかっている!」答えはこの中にあります。「知っている」「わかっている」と言っているでしょ。。。「知っている」、「わかっている」、レベルということです。行動していないのはなぜ?結果を実感するまで継続をしていないのはなぜ?勇気が出ないの?面倒くさいの?三日坊主なの?そもそもやる気がないの?自分の人生をなめてるの?ちょっとやったくらいで結果に結びつくなんて甘い考えも捨ててくださいね!知っているだけで、わかっているだけで、願っているだけで、祈っているだけで、コトを成し遂げられるなら、すべてのヒトの夢や願いが叶っているはずでしょ。でも、現実は違う。しっかり目の前の現実を観るのです。この地球次元はそんなに甘くはないのです。決断と行動を繰り返しコツコツ継続した先に、コトは成し遂げられるのです。人生の勝利者になるためには、やり続けること。継続すること。やり続けることで、観えてくる世界に変化が起こり始め、楽しくなってくるのです。自信もついてくるのです。早いこと迅速に行動に移し継続する習慣を身につけておくれ!!!ということで、知っているなら、わかっているなら、行動を伴いましょう!聖ジュエル♾ダークマター反転⚜️🖤⚜️フンッ🌟聖ジュエル☆けいこでした💜セッション、スクールのお問合せ・お申込みは、こちらのHP⬇から!あなた本来の美しさへ!本当のあなたへと導く~聖ジュエル☆けいこのHPあなたの内なる輝く宝石は唯一無二!その宝石はあなたの個性!自信をもって魅力的に輝かせて!www.hanenokarusa.comお待ちしております✨

    呼吸の原理は「吐いたら吐いた分だけ入ってくる」☆
  5. せっかくグランドピアノが置ける家に引っ越したんですけれども・・・のところから続き。1年後ぐらいに娘を授かりました。もう30歳になっていました。当時私は必死に単行本デビューを目指して、初のノンフィクション作品を書き上げようと取材と執筆に明け暮れていて。新潮社からお話をいただいたんです。いきなりただの雑誌ライターが新潮社ですから。やっぱり執筆に必死になっていて、ピアノはもちろん弾いていたけれど必死になって何か曲を仕上げるというほど練習していなかった。5月に本が出て、6月におなかに娘ができたことがわかりました。そして容赦なく始まったつわりがひどくて、1ヶ月ほどほとんど寝ていたので手足の筋肉が落ちて細くなってしまったほどでした。入院には至らなかったのだけどずっと妊娠中はしんどくてその後、娘が無事に生まれて、育児に突入します。こうなるともう、夜も寝られないし、仕事もほとんどできないで休んでいるし生きがいだったライブ通いがしばらくお預けでした。といっても夫にお留守番してもらって月に1-2回は行っていたんですけれどね。週に1~2回だったのが月1ぐらいに減って、インタビューの仕事も当分の間お休みして、これは何よりもこたえました。赤ちゃんが生まれて幸せだったのだけれど、外に出られない、原稿書けないというのが、監禁された気分で死ぬほどつらかった。娘が眠っている間、窓から見える雲が流れているのをじっと見ながら、外に飛び出していきたい衝動と必死に戦っていたのを思い出します。子ども欲しかったし、お母さんになりたかったのにね。毎日、寝る時間もなく、ごはんをつくる時間もなく、生きていくだけで精一杯で、ピアノを弾こうという感じではなくて時々少し音を出してみるくらいでした。すぐに保育園に入れる決心がつかなかったのだけれどこのままだとおかしくなってしまうと思い娘が8ヶ月のときに保育園にお願いして、入れることになり仕事を再開しました。それから娘が1歳、2歳のあいだは、しばらく仕事ができたのでその期間に、3冊本を出しています。めちゃくちゃ原稿書きたくて爆発的な状態だったんですね。でも、仕事と育児だけで日々、限界まで張りつめていたのでピアノを弾くこと、なんだかんだいって、忘れていました。時々は弾いていましたけどね。何か仕上げるとかレッスン行くとかいう感じじゃない。あんなに一緒に暮らしたかったのに。もう少し子どもが大きくなって落ち着いたら弾けるよね。娘にもピアノを教えたいし。そう思っていました。このころ、生徒さんも頼まれて少しだけ教えていました。娘が2歳の夏、夫が「アメリカに行くことになっちゃった」と帰ってきていいました。普通は喜ぶところなのかな。全然嬉しくなかった。やっと落ち着いてピアノ持ってこれて保育園に入れたのに。やっと仕事できるのに。どうしようと思ったら涙が流れていました。喜ばないで泣いている妻。夫には申し訳なかったです。アメリカにピアノを持っていけるか調べましたが、送料その他考えると現実的ではありませんでした。仕事も休んでピアノも置いていかなければならない。産後の監禁生活に逆戻りです。行先はニューヨークでもないサンフランシスコでもないサクラメントの近郊。私が行きたいライブなんてまったくやっていない場所。サンフランシスコまでは車で2時間。電車は1日5本。やっぱり監禁生活。ピアノと仕事を手放してアメリカにいくのは嫌だった。でもピアノと仕事のために私が日本に残るとなると娘は夫と4年間離れ離れで生活しなければならない。夫がアメリカから帰ってきたら7歳。それでも家族としてやっていけるのだろうか?ついていかない選択をする人もいるでしょう。でも私は子どもがその年齢のときに離れ離れで生活して、家族でいられる自信がなかった。夫と娘と私がバラバラになってしまうような気がした。仕事は、帰国してからでもできる。ピアノは、弾く暇ないかもしれないけど、むこうで買えるかもしれないし。なにより、私の仕事とピアノのために、娘がお父さんと過ごす4年間を奪ってしまうことは、できないと思った。子どもが嫌いで、学芸大に行ったのに教員免許をとらなかった超理系の夫が娘が生まれたらメロメロになって「世界一可愛い」と自分でお風呂に入れてとにかくいいパパになったんです。娘もお父さんが大好きだったし私が残ることはできなかった。1月に夫がまず先に渡米して家を探したりしてくれました。それから2月21日にいまも日にちを覚えています、うちの荷物をアメリカと、倉庫と、実家に送る引っ越しの日まで全力で原稿を書き続けました。それが単行本の「子どものセンスは夕焼けが作る」です。ピアノは夫の会社が費用を出してくれるというので倉庫に預けました。いつ帰ってくるのかもわからない、むこうでピアノを買ってしまったら、このピアノとは別れなければならないかもしれない、でもいま売ることもできないから預かってもらう。2006年3月3日に渡米しました。書きかけの本のゲラはアメリカまで送ってもらいましたが、再配達は翌日以降しかできなくて、受け取るだけで気が遠くなるほど大変でした。アメリカに著者が来てしまって、なんのプロモーションもできなかった。子どものセンスは夕焼けが作るAmazon(アマゾン)500円アメリカでは電子ピアノを弾いていましたが、1年後にピアノを買ってもらいました。仕事をしていなかったのでピアノを弾く時間はあって、置き場所もあって娘を保育園に入れて必死に仕事していたときの貯金があった。日本から送金して、夫にも足してもらって、ペトロフのグランドピアノを買いました。それからはさすがに毎日弾いていましたよ。1-2時間ぐらい。ドビュッシーのアナカプリの丘とか、ショパンのエチュードとか、カプースチンとか、バッハとか弾いていました。それから半年もしないうちに、息子がお腹にできたんです。そこからまた、重いつわりが始まりました。娘の育児をしながら朦朧としながら家事をして、本当にゾンビだったな。あの頃。あまりに悲惨な顔で写真に撮られたくないから写真はないんです。アメリカにいるときの私の写真は唯一の楽しみだったショッピングで見つけたお洋服で、カリフォルニア風カジュアルスタイルでキメてるものが多い。今見ると専業主婦で学校の送り迎えやスーパーや公園,習い事しか行く場所ないのに、何をそんなに気合い入れてたのか。そうでもしなければ惨めで、仕事できない寂しさが埋められなかった。そしてアメリカの病院で息子を元気に出産、またもや寝る暇もないご飯を食べる暇もお風呂に入る暇もない毎日に突入します。息子も娘も可愛かった。幸せでしたが音楽とピアノを取り上げられた状態は、私の心を空っぽにしてしまい自分ではない自分が今ここでいったい何をしているのだろうかという違和感がずっと離れなかった。なぜ音楽をしていないのか? 音楽をしないでいる自分への強烈な違和感。ピアノ・・・息子がぎゃんぎゃん泣いているのを放っておいて数分弾いたりおんぶしながら弾いたりはしたかな。練習らしい練習はできなかった。とかいってるうちに息子が2歳半になり帰国が決まりました。結局ピアノあんまり練習してないんですね。この間。せっかくペトロフ買ったのに。日本人の生徒さんは教えていましたが、自分の練習はあんまりできなかった。帰国したのは2010年12月25日。39歳のときでした。ただの雑誌ライターだった私が単行本デビューして、1冊じゃなくて何冊も本を出して、2児の母になり、アメリカで駐在妻もして怒涛の日々で全然弾けなかった30代。帰国するときにピアノは持って帰りました。いくらかかるかわからないというけれど、とにかく日本に持って帰る。5年ぶりに日本の自宅に戻り、アメリカから送ったピアノが届くよりも先に、日本の倉庫に預けていたピアノがうちに来ました。またもや5年間も別居生活でした。しかももうすぐ、アメリカで弾いていた新しいペトロフが届きます。カワイは、売らなければならないのです。置いておく場所はないので。ひどいですよね。これって、まるで、売れない頃から尽くした奥さんを売れたら夫が捨てて新しい奥さんに乗り換えるみたいじゃない?ピアノは人間じゃない。そんなの私の過剰な思い入れ。そんなセンチメンタリズムに振り回されていたら、家族と仕事を持ちながらピアノを弾く時間を確保なんてできないよ。ピアノを持っていることじゃなくてピアノに触れている時間が大事なんだから。ピアノと再会したとき、すぐに別れるとわかっていたけれど、もう、私は泣きませんでした。人生のなかで家族も仕事も大事にしながらピアノに触れる時間は限られているのだから。泣いている場合じゃない。それは、母になって10年間、次々に出てくる問題を途方に暮れながら解決し、解決できなければひたすら耐えながら、変わった部分。買い手が見つかって、運送屋さんが引き取りに来てくれた日はこの子はどこに行くのかなと思って、さすがに涙が出ましたけど。ずっと持っていてあげられなくてごめんね。新居に来てくれてから、子育てに渡米に、私の都合で結局ろくに弾いてなかったね。アメリカで新しいピアノを買ってしまってごめんね。勝手な私でごめんね。ごめんね。ごめんね。ごめんね。ごめんね。どんなに胸が張り裂けそうでも、母になったら、悲しんでいる暇はなくて。ご飯をつくって子どもたちに食べさせて片づけてお風呂に入れてどんどん日にちが過ぎて、アメリカから送ったペトロフがやってきました。続きはまた。『ピアノの先生のための個人指導』5年ほど前からピアノの先生方に個人指導をしています。お電話や対面でお時間をとり、プロの物書きの端くれとして、文章の書き方についてお話しています。お伝えすること…ameblo.jp『4月22日 ライブ配信「ポジション移動を考える」』ライブ配信セミナーを実施。大変ご好評をいただきました。2021年は、テクニックシリーズと、ピアノ教本シリーズの2本立てでライブ配信を行います。ピアノ教本シリー…ameblo.jp『ピアノ教室開業に必要なスキルとは』音楽で自立するのは大変なこと。サポートしていきますが中途半端な気持ちではやらないほうが良いですね。貧困へまっしぐらです。仕事経験、コミュニケーションスキルの不…ameblo.jp『ピアノの先生 勉強の予算の組み方』20代のピアノの若い先生からカウンセリングのお申し込みがありました。勉強しなきゃと焦っているんだけれども何をやらなきゃいけないか判断難しい私からやるべき事はこ…ameblo.jp『ピアノ教室開業に必要なスキルとは』音楽で自立するのは大変なこと。サポートしていきますが中途半端な気持ちではやらないほうが良いですね。貧困へまっしぐらです。仕事経験、コミュニケーションスキルの不…ameblo.jp

    たくさん共感されています

    1台目のグランドとの別れ