10/17の記事ランキング

  1. ガーデンウエディング(10/13花遊庭
  2. 花生園さん 秋の雰囲気 お墓の花替え
  3. 柿の実がいっぱい!
  4. ①【 埋まりやすいゾロ目。 】はコチラ。②【 私が選んだふた組は…。 】はコチラ。③【 ふた組の共通点は…。 】はコチラ。④【 ノージャパニーズの打合せ。 】はコチラ。⑤【 それだけは選ばんといてー…。】はコチラ。⑥【 え?お金、ないんやんね? 】はコチラ。⑦【 正反対のふた組…。 】はコチラ。⑧【 ふた組のご新婦からの相談。 】はコチラ。⑨【 もう一度、確認しますね…。 】はコチラ。⑩【 進行表とにらめっこ。 】はコチラ。⑪【 プランナーとしての気持ち。 】はコチラ。⑫【 時間が過ぎるのが早い…! 】はコチラ。⑬【 まったく落ち着かない…。 】はコチラ。【 ご新婦のテンション…。 】国際さまの入場も済み、私が国際さまのバンケットに戻ってくるのは、アニマルさまの披露宴入場後すぐです。そのときが、サプライズです。戻って来るタイミングを考えながら、挙式を終えるアニマルさまを迎えに向かいます。挙式を終えて、一度チャペル控室に入られたおふたりを迎えに上がります。私がチャペル控室の扉を開けたとき、ご新婦が驚くほど号泣されていました。「えっ!」と一瞬何かあったのかと私はたじろぎましたが、「みんながめっちゃおめでとうって言ってくれたーーー!」という嬉し涙でした。何かあったのかと思い、焦りましたがよかったです。私も「よかったですね!おめでとうございます…!」と明るくお伝えします。「この後、ダンスですもんね!ダンスでもっと喜んでもらおうと思います…!」って、ダンスへの気合がすごかったです。私の不安要素はそこやねんけど…💦ご新郎は、ずーっと静かです。ちょっと緊張の汗が出てらっしゃいましたが、それでも号泣しているご新婦をにこにこと眺めてらっしゃいました。きっと何をしてもかわいい…に映ってるんやろな…と思いました…。アニマルさまはゲスト数も多かったですが、チャペルからバンケットへもスムーズに移動できました。バンケット内にゲストが入られてから、ダンスをされるご新婦のご友人のみなさまにお声がけをします。「ご新婦がお色直しで退場されますので、そのタイミングでみなさまにもスタッフからお声がけしますので、そちらでお着替えをお願いいたします」と伝えます。これは後からメイクさんから聞いたのですが、挙式が終わって、ご披露宴が始まるまでの間、ご新婦はずーっとダンスのことを話していたそうで、「ここが見せ場なので見てくださいね」とか、「練習ではあそこが合わせられへんかったから大丈夫かなー」とか、ほんとにダンスのことばかりを気に掛けていらっしゃったようです。大概のご新婦は、ゲストの方のことを気に掛けていたり、お手紙を泣かずに読めるか心配していたり…ですが、このご新婦はなんにせよ、「今日の主役は私…!」という感じがすごかったです…。そのテンションは、かなり高くて、心配になるほどでした。心配しつつ、私の次の心配は、国際さまのサプライズです。OMエンタープライズHP :https://www.om-enterprise.jp/Instagram始めました♪フォローしてね♪おまみ塾⇒https://www.instagram.com/omamijuku/twitterしてます♪フォローしてね♪おまみ【OMエンタープライズ長谷川真美】⇒@omenterprise

    【P】⑭運動会のような1日。
  5. ※写真と本文は関係ありません。昨日、何気なくニュースを見ていたら…なんか知ってる人の名前に似てるなと思い。SNSで検索してみたら、やっぱり。僕がよくお世話になっているレストランさんで、数年前まで専属カメラマンとして活躍していた人でした。僕は数年前に、その会場で名刺交換をさせていただいた程度のお付き合いでした。もうね、ただただビックリ。心配になって、今朝その会場の仲良くさせてもらっているプランナーさんに連絡。そしたら電話をかけてきてくれて。既に3年前くらいには縁が切れていたそう。でも今までそのカメラマンに撮影してもらった新郎新婦様は数多くいらっしゃるわけで…写真に罪はないとはいえ…撮影してもらった方にとっては何とも複雑な気持ちになることは間違いないわけで。その会場さんに風評被害というか、嫌がらせなどがないことを祈るばかりです。僕たちがウエディングを創る際には、自社のスタッフだけでは決して創れません。司会者、カメラマン、お花屋。衣装屋、ヘアメイク、ビデオカメラマン。音響、そして料飲を提供してくれる会場。色々な人がチームとなって一緒に創るわけで。今一度、自分たちのチームの人選というかチーム構成は、基準を持って選定しないといけないなと自戒の念を込めて。今日はなんだかモヤモヤしてたですが電話で声を聞いて少し安心しました。お時間です。ピース。

    驚きを隠せない
  6. 大好きな彼と、長く続く恋愛ができる!恋愛成就プレミアムコースをお申込みいただいたお客様よりとても嬉しいご感想をいただいたきました!現在大好きな彼と、長く続く恋愛ができる!恋愛成就プレミアムコースは2019年9月30日で終了しています。現在受付中のメニューはこちら3ヶ月で運命の人に出会える!縁結び個別セッション今日は、感想を紹介させていただきます。Yさん(40代)■どんなことを解決したくて申し込みましたか?自分を出すまでに時間がかかり、よく見せたくなってしまったり、あれこれ考えてしまうため。自分で気付いていない部分を知りたい。■個別セッションのご感想自分の感覚を大切にして信じることが重要と思いました。コミュニケーションの法則を優先する。仕事柄女性向けのコミュニケーションの法則も知ることができた。■特に聞けて良かった、と思う内容があれば教えてください。ホワイトボードで書いてもらうことで全体感が整理できました。■どんな人にオススメしたいですか?恋愛やコニュニケーションに苦手意識がある方にオススメしたいです。ありがとうございました^^個別セッションのメニューはこちらから3ヶ月で運命の人に出会える!縁結び個別セッションよかったら参考にしてくださいね。貴方の恋愛がうまくいくように応援しています💋あなたなら大丈夫!またお逢いしましょう。【LINE@にて「婚活にも使える!3ヶ月で彼氏ができるマインド&テクニック」配信中】下の写真をタップすると登録できます。LINE@で「@ecu0603q」と検索!恋愛のお悩み解決セッションなど開催中>>ご提供中のメニュー一覧空き状況確認やイベント予定はこちら>>ご予約可能日程&スケジュールInstagramでイイ女になる方法発信中!>>Instagramツイッターアカウントはこちら>>Twitterお問い合わせはこちらから>>お問合せフォームお友達限定特典やメッセージによる簡単予約ができます>>LINE@ご登録

    「婚活アプリに登録してみます」〜恋愛成就プレミアムコース・お客様からのご感想〜
  7. 西尾の抹茶ミュージアム和く和くバスツアー①
  8. 今日はバスツアーへ同行
  9. ⛩神社好き女子のお勉強会もはや恒例となり9月は常連メンバーで伊勢の神宮の正式参拝や太宰府天満宮の神幸式大祭も見て次は…10月22日(火)祝日即位礼正殿の儀の日14時半からで開催いたしますせっかくのこの日程ですので即位礼正殿の儀に関わるお話を中心に以前もご登壇いただきました道真公の門弟の味酒安行の末裔味酒安則さんにお話をしていただきます。滅多にない祝日開催でさらにジャストタイミングなお話を味酒さんから聞けるという贅沢な機会です。是非ご希望の方ご連絡くださいませ●10月22日(火・祝) 14時半から ※14時15分から 受付スタートしますので 社務所前にお集まりください●参加費 1500円 ※初参加または「おもしろ辞典」を お持ちでない方は 2500円※女子会とさせていただいておりますが参加者の紹介で同行される場合はジェンダーフリーです※夜18時頃から直会と称して飲み会も行いますご参加ご希望の方は直会も参加希望とご連絡くださいませ●参加お申し込みは事前にご予約ください↓bridal.grace@gmail.comちょこっとお悩みご相談グレイスにサポートまではお願いされなくてもご自身で結婚式をご準備される方や既に式場はお決まりだけどセカンドオピニオンでご意見を聞かれたい方など向けにお気軽に聞いていただけるお悩み相談を今後も随時承りますご相談いただいた方でご希望があれば・当日のスケジュール組み立て(+0)・挙式日までのスケジューリング(+0)・コンセプトイメージご提案 ​  (+税別5,000円)当日または後日お渡しさせていただきますご相談1時間半 1回につき@5,000円(税別)LINEやSkypeでのテレビ電話も同様です※メールやラインのみのご相談ではきちんとお伝えが難しい場合もありますので 基本直接対面してまたはお電話やテレビ電話でご対応させていただきます。なんだかモヤモヤを少しでもスッキリ解決策をみつけて結婚式をお迎えいただけるお手伝いができたら幸いですまずはご相談内容をそえてメールinfo@bridal-grace.jpまたはライン@からご相談のご予約をお待ちしております●トータルプロデュースのオリジナルウェディングのご相談おふたりらしい結婚式をフリーウェディングプランナーと叶えましょう⇨事前にご予約でご都合の良い日時で随時承ります●ウェディングドレスの販売⇨毎週水曜〜日曜の 10時半〜19時半時間帯で 事前ご予約制で随時承ります ※ご予約お問い合わせは 前日までにお願いします●ウェディングドレスのオーダー、クリーニングやお直しその他ご相談ドレス販売同様で⇨毎週水曜〜日曜の 10時半〜19時半時間帯で 事前ご予約制で随時承ります ※ご予約お問い合わせは前日までにお願いしますお問合せはライン@からも可能です良かったらポチしてね↓にほんブログ村■bridal produce grace 福岡市中央区渡辺通2-8-26 メゾン南天神502 http://www.bridal-grace.jpbridal.grace@gmail.com092-751-5600■ご予約お申込み・お問合せは メッセージまたは bridal.grace@gmail.comまでLINE@からもお問い合わせいただけます#ブライダルプロデュースグレイス#フリーウェディングプランナー#トータルプロデュース#オリジナルウェディング#結婚式#披露宴#地元婚#ウェディングドレス#販売#購入#神社挙式#和婚#令和婚#仏前結婚式#プレ花嫁#福岡#日本中のプレ花嫁さんと繋がりたい#福岡花嫁#ウェディングレポ#結婚#ウェディング#プラコレ#ハナコレストーリー#ウェディングニュース#ウェディングニュースブライズレポーター#ウェディングソムリエアンバサダー#2020春婚#2019冬婚

    10月【神社好き女子のお勉強会】
  10. 消しゴムはんこ ラグビー グレイグ レイドロー
  11. ①【 個性的なおふたり。 】はコチラ。②【 光る個性。 】はコチラ。③【 完璧な審美眼。 】はコチラ。④【 ご家族が列席しない…!? 】はコチラ。⑤【 花嫁からのS.O.S…?】はコチラ。【 花嫁の気持ち。 】ご試食会の翌日、料理のコースをどうされるのかの返事をメールでいただきました。ご新婦からのメールでした。そのメールに、ご新郎とご新郎の親御様とのことが書かれてありました。「打合せのときに、彼と彼の両親のことを伝えて驚かせてすみません。」と書かれてありました。その内容によると、ご新郎は、本当は老舗の呉服問屋の跡継ぎであること、小さい頃からそのことが嫌で、洋服にばかり興味を持ってきたこと、親に反発して洋服に興味を持ってきたけど、思いのほか、洋服を作る行程にのめり込んでしまい、ますます実家とは縁遠くなっていること…などが書かれてありました。ご新婦と出会われたのも、ご新郎がお勤めのテーラーの店長さんがきっかけで、お店のインテリアを紹介しているうちに仲良くなり、その店長さんがご新郎を紹介してくれたのだそうです。だから余計に反対されてる気がする…とのことが書かれてありました。ご新婦としては、何度かご新郎のご実家に連絡をして、結婚を許してもらうようにお願いしたり、せめて挙式だけでも見てもらえないか…とお願いしてきたそうです。「すごっ…」私はその内容に驚いていました。「私なら、そこまでできるかな…」と思ったからです。ご新婦側の親御様は、ご新郎との結婚をとても喜んでくれていて、だからこそ、ご新郎側の親御様にも、自分の親と同じぐらい喜んでもらいたい…という気持ちがあるのかな…と思いながら読んでいました。あの仲の良いおふたりのことだから、きっと、この件も何度も話してこられたのだろうな…と思っていました。そして、メールには、「無理なお願いだとは思いますが、おまみさんからも彼の親に連絡を取ってもらうことはできませんか?」とも書かれてありました。私は、連絡することは全然平気ですが、私が介入することで、余計に話がこじれてしまうような気がして、力になりたいのはやまやまだけど、どうしたものか…と考えあぐねていました。なんと返信すればいいかわからなかったので、上司にも相談してみます。「会場側に責任は取れない…って伝えても、何かがあれば、きっとおまみに責任を…って言われるよね…」と、わかってはいましたが、あまり乗り気ではない回答です。それはもちろんそうですよね…。私が介入することで、いい風に転がればいいけど、必ずしもそうなるとは限らないし、悪い風に転がれば、新郎新婦だけじゃなくて、会社全体に迷惑をかけることも起こりうる…。そんなことは、若い私にも容易に想像がつきました。こんな風に、相手を思いやれるご新婦の気持ちを考えると、私はなんとも言えない気持ちになります。プランナーとお客様の関係性…を築いていく中で、力になってあげられることと、あげられないことがあります。そこの線引きは、微妙なラインで難しいな…といつも感じます。OMエンタープライズHP :https://www.om-enterprise.jp/twitterしてます♪フォローしてね♪おまみ【OMエンタープライズ長谷川真美】⇒@omenterprise

    【P】⑥花嫁の執念。
  12. ①【 埋まりやすいゾロ目。 】はコチラ。②【 私が選んだふた組は…。 】はコチラ。③【 ふた組の共通点は…。 】はコチラ。④【 ノージャパニーズの打合せ。 】はコチラ。⑤【 それだけは選ばんといてー…。】はコチラ。⑥【 え?お金、ないんやんね? 】はコチラ。⑦【 正反対のふた組…。 】はコチラ。⑧【 ふた組のご新婦からの相談。 】はコチラ。⑨【 もう一度、確認しますね…。 】はコチラ。【 進行表とにらめっこ。 】国際さまのサプライズは、私が司会者のもとへ、しらじらしく慌てて電報を持って行く…というシーンがありました。国際さまは、お色直しはないので、タイミングとしては、難しくはなかったのですが、だからこそ、アニマルさまとの兼ね合いを見ていました。やはりダンスがあって、お色直しに時間がかかる…ことを考えると、極力アニマルさまの現場に立ち会っておかないと…と思っていました。延長料金を払われてまで、ダンスはしないだろう…と思っていたんですが、アニマルさまは、延長料金を払う…と言われました。私は、思わず、「えっ!大丈夫ですか?」と言ってしまいました。よく考えると「支払います」と言ってる方に対して、あまりにも失礼でした。それぐらい驚いた…ということでもありますが…。この延長料金がいくらになるか算出したら、当時の会場使用料自体が高かったこともあって、トータルすると30万円ほどになっていました(正規の会場使用料の何%か…と、フリードリンクの延長料です。)。お衣装と延長料金だけで、150万円ほどになっています。ご新規のときからの様子を知っているだけに、心配になります。その料金を払ってまでされたいのなら、本当にダンスをしたいんだろうな…と思いましたし、延長料金を払って、披露宴自体の時間が少しでも長くなるのであれば、私もあれだけ「絶対に着たい…!」と言われた和装を着ている時間も増えるので、それはそれで安心かな…とも思いました。ただ、そのことにより、国際さまのサプライズとのタイミングが微妙に難しくなってしまったのも事実でした。国際さまは、お色直しはないですし、他のバンケットとは少し離れたところではあったので、一度、バンケットに入っていただけたら、他のお客様とのバッティングはほぼ100%の確率で起こりませんでした。だから、入場までしていただけたら、キャプテンにほとんどを任せることができると考えていましたが、サプライズのためには、なかなか微妙な感じ…。そして、そんな離れたアニマルさまのパーティーを気にする中で、私は渾身の演技(大げさやな…)ができるかどうかも不安でした。私は考えた末、当時仲良くしていた同僚のプランナーに、ヘルプで入ってもらうことにしました。私が国際さまのパーティーでサプライズをしている最中、アニマルさまのパーティーで何かが起こったときのために、対応に入ってもらうように依頼したのでした。そして、その時間は彼女にアニマルさまは任せきって、国際さまに集中しよう…!と割り切ったのでした。OMエンタープライズHP :https://www.om-enterprise.jp/Instagram始めました♪フォローしてね♪おまみ塾⇒https://www.instagram.com/omamijuku/twitterしてます♪フォローしてね♪おまみ【OMエンタープライズ長谷川真美】⇒@omenterprise

    【P】⑩運動会のような1日。
  13. ①【 埋まりやすいゾロ目。 】はコチラ。②【 私が選んだふた組は…。 】はコチラ。③【 ふた組の共通点は…。 】はコチラ。④【 ノージャパニーズの打合せ。 】はコチラ。⑤【 それだけは選ばんといてー…。】はコチラ。⑥【 え?お金、ないんやんね? 】はコチラ。⑦【 正反対のふた組…。 】はコチラ。⑧【 ふた組のご新婦からの相談。 】はコチラ。⑨【 もう一度、確認しますね…。 】はコチラ。⑩【 進行表とにらめっこ。 】はコチラ。⑪【 プランナーとしての気持ち。 】はコチラ。⑫【 時間が過ぎるのが早い…! 】はコチラ。【 まったく落ち着かない…。 】何度も行き来している間に、あっという間に国際さまの挙式時間になりました。私がいた会場は、牧師先生が海外の方で、その日は、ご新郎と同じイギリス出身の方だったので、すべて説明を英語でしてくれて、このときは助かりました。それに、イギリスでも挙式をされていたので、相違点のみご新郎は確認をされている様子で、その他のご新郎と比べても、とても余裕があるようでした。私はおふたりを扉前でお見送りし、いつもどおり国際さまのバンケットに向かい、席札と引出物を確認して、司会者さんとサプライズの確認をします。挙式を終えて、国際さまをブライズルームにお戻りいただくタイミングで、アニマルさまのメイクさんからインカムが飛んできます。「おまみさん、アニマルさま、挙式に向かいますー!」と、挙式前の撮影に向かわれることが知らされます。いやー、わかってたけど、キツイ…!全然落ち着かない…!おそらく、国際さまのパーティーは、サプライズ以外は見ることはできないな…と思っていたので、アニマルさまの挙式の入場と国際さまの披露宴の入場は、時間が同じでしたが、国際さまの披露宴の入場を見送ることにしました。アニマルさまは、すべてメイクさんにお任せです。国際さまの披露宴入場を見送り、主賓の方のご挨拶、乾杯の発声手前まで進むと、アニマルさまの挙式終了5分前のインカムが飛んできました。私がいた会場は、ずっとインカムが鳴っている状態なので、パーティー中に、「もー、インカムうるさいっ!」と思うことも多くて、そうなると、瞬間瞬間でインカムを耳から外すこともありましたが、この日だけは、絶対に外せませんでした。とにかく、いつ誰から「おまみさん」と飛んでくるかわからなかったからです。ここまでは、今のところ順調でしたが、この後はいよいよアニマルさまの披露宴が始まります。国際さまのサプライズとアニマルさまのダンス…、まだまだ山場は乗り切れずに息つく暇のない、長い時間は続きます…。OMエンタープライズHP :https://www.om-enterprise.jp/Instagram始めました♪フォローしてね♪おまみ塾⇒https://www.instagram.com/omamijuku/twitterしてます♪フォローしてね♪おまみ【OMエンタープライズ長谷川真美】⇒@omenterprise

    【P】⑬運動会のような1日。
  14. こんばんはあなたの想いをやさしくだきしめカタチにしていく♡ウェディングデザイナー大倉亜衣子です。プロデュース/ウェディングへの想い/イベント/お問合せ/wedding item Kuschelただ今ひとり旅満喫中♡下呂温泉に来ました♨️出発前、行きつけのコーヒーショップでテイクアウト。半デジタルデトックス中なので写真はあまりありません下呂温泉街に着いて街並みを車でぐるぐる散策中車のフロントガラスに鳥のフンがぽたっ…‼︎きっといいこと起こるんでしょう(*´ω`*)ポジティブというかあまり細かいこと気にしない性格なので(笑)ひとり旅大好きでゆっくり今日も内観してます。そしてこれから来年に向けて忙しくなりそうなので備えるために先に癒しに来ましたそうそう。直感の話。15年前、私は高校生最後の夏休み。アルバイトしながら進路に若干悩んでた。その時バイトしてたのはあの長島スパーランド‼︎もう今は無い部署だけどゲームコーナーで接客とマイクパフォーマンスしてたんですでね、その時すでに進路決めててなりたい職業も決まってたんだけどなぜか迷いだして。その夏は迷走してた。その時バイト中にゲームコーナーを移動の為歩いてたら直感が降りてきたの‼︎接客する仕事をしなさいって。しかも一日とかじゃなくて長い付き合いをする接客って言葉が降りてきた‼︎それでね、長くする接客ってなんだー?って考えたらウェディングプランナー‼︎って言葉が降りてきた。(その時から自分の感覚を信じてたのかも)はて?ウェディングプランナーとはなんぞや!?実は婦人警官に憧れてた私はウェディングプランナーなんて横文字の職業には知識が無くなんとなぁくその当時ドラマでやってたウェディングプランナーの仕事が頭をかすめただけだったそこから15年…紆余曲折はあったし下積も長かったけど天職だと思って今だにウェディングプランナーをやらせてもらってる。やっぱり直感は嘘つかない‼︎間違ったり失敗してもやっぱり直感に従ってよかったといつも思うだから直感に従ってみよう‼︎今日は直感に従って下呂に来て飛騨牛トマト丼食べてみたよ👍👍トマトと牛丼は合う宿も温泉もいい感じゆっくりしてきまーす✨🌷10/2210:30-12:00岐阜市内のカフェにて☕️花恋cafe *:.。.心が震えるワンシーンを彩る.。.:*wedding item Kuschel(クシェル)ホームページpick up‼︎CLASSY.7月号(5月28日発売)に掲載されました‼︎CLASSY.読書様はこちらからご提供中MENUウェディングプロデュースウェディングコーディネイトコース未来花嫁セッション

    15年前の直感の末。直感は嘘つかない‼︎
  15. 台風19号大型この台風のせいで結婚式が延期になったりしました。まだ仏滅だったので本数的には大安とは違い少なめだったのがまだ救いですが。結構台風が来ても結婚式が延期になるということはいままでは、ほとんどありませんが、今回は事前に新幹線が動かないなどわかっていたためかキャンセルや延期もありましたね私のスケジュールはプロデュースのお客様2組昼と夜で試食その間に進行や花の打ち合わせを間に2組予定していましたが、1組は、延期に。会場へは車移動車すっごく少なかったなぁホテルの最上階からみた名古屋の町の様子車ほとんど走ってないいつもなら40分かかる会場へ20分で到着レストランは、ラグビー?F1?観戦が中止になり行き場をなくした外国人の姿打ち合わせを終えて夜の試食楽しんでくださいね。ここで私達は撤収夜になってもやはり車は走ってない今日披露宴司会だったスタッフも朝からより早い移動をし、備えたけど、どうってことなく名古屋は台風は通過しました 早めの移動大事親族の皆様バスで浜松に帰られるとの事だったけど無事到着されたかな?今、暴風域の皆様は、お気をつけくださいね。

    台風の影響
  16. 今日からハロウィンイルミネーション
  17. ①【 個性的なおふたり。 】はコチラ。②【 光る個性。 】はコチラ。③【 完璧な審美眼。 】はコチラ。【 ご家族が列席しない…!? 】だいたいおふたりは、平日のお休みの日に打合せに来てくださっていましたが、おふたりのお休みが合わない日は、お仕事終わりの時間帯に打合せにお越しになられていました。お仕事を終えられてからだと、19時や20時からスタート…という日もあります。そうなると、何回目の打合せかにもよりますが、内容によっては、22時を回って、23時近くになることも多々あります。そんなときも、よく私を気づかってくださっていました。「おまみさん、明日は土曜日だから朝早いよね?こんな遅くまで大丈夫でしたか?すみません…」と言われて、私は全然大丈夫、とこたえると「明日は何時に出勤されるんですか?」と聞かれました。私は、翌日、外挙式でとても早い入り時間で、そのまま馬鹿正直にこたえなくてもいいのに、こたえてしまいました。「明日は…、3時半入りですね…」と伝えると、「え?なに?そのふたりは、サンライズウェディングでもされるんですかっ!?」と本気で聞いてこられました。「サンライズウェディング!いいですね!それ!」と言うと、「いやいや、そんなに早いのに、ほんとにすみません…」と申し訳なさそうに言われたご新郎の雰囲気が、あまり似つかわしくなくて、私は思わず笑ってしまいました。「全然大丈夫ですよ!その分、早く帰れるんで!」と極力明るくこたえましたが、あと数時間しかない睡眠時間を考えると、現実的には泣きそうでした…(笑)。終始、お互いのことを理解しあっているおふたりでしたが、ある日の打合せのときに、私が「ん?」となるときがありました。それは、席次についてお伝えしているときのことでした。基本的に、席次について話す場合は、テーブル自体の上座・下座についてと、テーブルの中の席自体の上座・下座についてを伝えます。このテーブルの中の席自体の上座・下座については、会社関係の方々とご家族の方々のご説明をするときに、主に説明することとなります。ご家族の場合は、上座(内側)がお父様で、下座(外側)がお母様で…と説明をします。そのときにご新郎が、突然無口になって、そうかと思えば、私に向かって、「おまみさん…、ウチ、家族は来ません」と言われました。OMエンタープライズHP :https://www.om-enterprise.jp/twitterしてます♪フォローしてね♪おまみ【OMエンタープライズ長谷川真美】⇒@omenterprise※画像はお借りしました。

    【P】④花嫁の執念。
  18. 【 個性的なおふたり。 】結婚式がきっかけで、離れ離れになっていた家族の距離をまた近づける…ということもあります。親御様から、もしくは、息子・娘であるご新郎・ご新婦の方から、いろんな事情があって、絶縁状態になってらっしゃる方もおられます。今回は、「本当に結婚式をしてよかった…!」とおふたりに思っていただけた、そんなエピソードです。私も、お手伝いさせていただいて、本当によかったなぁ…と思えたおふたりでした。おふたりと初めて出会ったのは、2月の寒い日、雪が少しちらつき出した日の夕方でした。業界用語でいう、いわゆる『直近』でご成約になったお客様です。会場によるんでしょうが、私は、打合せ開始時期を過ぎての成約を『直近』だと認識しています。たとえば、10月に式をされる場合のお客様が、同じ年の6月以降にご成約になる…などです。接客したプランナーの多店舗への異動が決まっていたため、私が引き継いで、担当となることになりました。接客時のメモを見て、「へー。おもしろそうなおふたりやなー」と思っていました。ご新郎は、テーラーに、ご新婦は、カフェも営む雑貨屋さんにお勤めでした。「なんか個性的…な予感がする…」とわくわくしながら、おふたりとの打合せの日時を決めました。お休みは、結構変則的なのか、いつも平日に打合せに来てくださっていましたし、結婚式当日も、平日での開催でした。おふたりに初めてお会いしたときの印象は、うん…、期待に違わず、とても個性的でした。ご新郎は、テーラーにお勤めだからか、サイズ感ぴったりのジャケットに、ハットを合わせられていました。生地は、黒のベルベットです。「男性で日常使いでベルベットのジャケットって、すごいな…」と思ったのを、今でもよく覚えています。ご新婦は、ご新郎ほど印象的ではありませんでしたが、小柄でロングスカートにカラータイツ、ブラウンのローファーを履いて、ベレー帽を被ってらっしゃいました。肩までのボブに緩くパーマをかけられていました。おふたりとも、トラッドな印象で、とてもお似合いのカップルです。私も秋冬はトラッドなスタイルも好きで、このご新婦のようなファッションもよくします。一歩間違えると、「え?制服?」となりがちなコーディネートですが、ヒールを合わせたり、ロングブーツを合わせることで、『脱・子ども』を狙う感じです。このご新婦は、それでもその『ザ・王道』な感じのトラッドが、とてもよくお似合いでしたし、話し方も明るくて、くるくる変わる表情が少女のようなご新婦でした。おふたりが持っている小物も、とてもセンスがよかったです。「私は似合わないけど、この方々にはとてもよく似合う…!」というツボをよくおさえられていたおふたりです。OMエンタープライズHP :https://www.om-enterprise.jp/twitterしてます♪フォローしてね♪おまみ【OMエンタープライズ長谷川真美】⇒@omenterprise※画像はお借りしました。

    【P】①花嫁の執念。
  19. 投稿がありました宮島ウエディング応援アンケート[投稿日時] 2019年10月14日■結婚式に厳島神社を選んだ訳新郎の祖父の希望もあり、決めました。■心に残るエピソード披露宴の時に私から両親に宛てた手紙を読んだんですが、その後に父からの両家からの謝辞の際、父親が大号泣してくれて、準備など大変な事もありましたが、父の涙を見て、結婚式を挙げてよかったなと心から思いました。■宮島ウエディングを知ったきっかけ?厳島神社を調べていた際にネットで知りました。■宮島ウエディングを選んだ決め手?とにかく担当スタッフさんが最高でした??最初決めていた日にちと出産時期がかぶってしまい、一度はキャンセルにした結婚式でしたが、諦めきれず1年越しに再チャレンジ??担当スタッフさんも一緒で同じくらいの時期に挙げることが出来たのは運命だと思っています。■錦水館のスタッフの印象は?美容師さんとはノリがすごくあって、私のイメージ通りの髪型やメイクにしてくれました??カメラマンさんもノリが良く、当日のロケーション撮影から披露宴まででしたが、夫婦揃って大好きになりました??担当スタッフさんは、本当にきめ細かいサポート、アドバイス、雰囲気何もかも最高でした??■挙式当時までに不安や不便に思った事?パパママ婚だったので、子供がおとなしく出来るかが不安でした。■宮島ウエディング使った満足度★いくつ?★5■ご予算の満足度★いくつ?★5■錦水館の宿泊満足度★いくつ?★5■錦水館のお料理満足度★いくつ?★4■錦水館の施設会場全体の満足度★いくつ?★5■錦水館の立地の満足度★いくつ?★5■公開の有無公開可■公開ネームひろ坊ママ