みんなが見ている注目記事

  1. 皆さんこんにちは、ヴィジョンの石坂です。今月は連休が多く皆さんお忙しいと思うので、月内最後の勉強会となります賃貸経営に興味のある方、迷っている方、市況を知りたい方、すでにお持ちの方、前向きでも後ろ向きでも、お気軽にご参加ください(^^)あつ苦しい追っかけ営業・囲い込みしません『第105回 不動産投資 勉強会』【日時】  9月29日(土曜)14:00~16:00 終了予定【場所】  本社セミナールーム(マークシティウェスト19F)【定員】  8名前後【参加費】 無料【講師】  株式会社VISION 代表取締役 石坂浩之 (宅地建物取引士/賃貸不動産経営管理士)【内容】  ・不動産投資の種類やメリット・デメリット      ・市況レポートや、今後の市場動向      ・etc「本を見ても書いてあるのはいいことばかり」「興味はあってもセミナーに行って営業をかけられるのは嫌だ」「実際のところはどうなの?」とお感じの方は、活用していただけると思います。この活動を通じて、弊社のお客様になる方、不動産投資に見切りがつく方、一生の友達になる方、様々な出会いがあるかと思います。ぜひぜひ足を運んでみてください。ご興味がある方、参加ご希望の方は下記連絡先にお問い合わせください。どうぞ宜しくお願い致します。TEL   0120-470-105MAIL  info@vision.tokyoWeb  お問い合わせフォーム

  2. 外構工事の最大の敵は・・雨。そんな雨の日・・めちゃくちゃ多いですね・・・・今回の工事、着工した当初はまだまだ酷暑、その後途中過去最大級の台風、そしてその後雨の日ばっか・・酷暑も台風も敵でありますが・・予定こんなに狂ったこと過去あまりないかもしかーし・・必ず喜んでいただける完成目指しますのでどうかお許しをまっ・・あのえげつなーい台風のおかけで台風襲来日以降は毎日毎日ありがたいご連絡ラッシュ。メシ食う間、寝る間も余裕なし状態に・・そんなわけでブログ書く時間・・めちゃくちゃございません現場の進行第一、そしてお困りの方への対応優先。ってことで、ブログの方・・気長に更新お待ちくださいそれでは9/15・・16日目・・16日なんてかかるはずではなかったですし当初は予備見ても、9/13には完了宣言できるかなと思ってましたけど・・もう日のことは考えるのはよしましょう・・私も納得できる完了目指してぇ、前進をっただ・・本日も・・朝からまた・・軽トラのシート内・・積み替え、雨養生・・余儀なくされましたもうええかげんにええ天気続いてくれぇっと予報もホンマに・・っでゲンバイン。バケツや板・・忘れているんじゃないですよぅ。これらのおかけで・・16日目・・驚きの朝とならずに済みましたぁ思っていたよりも・・水は溜まっていませんでしたけど・・変な風だけが怖かったのです。朝土間が目地セメントエキスで真っ黒・・風で雨が落ちるルート大幅に変わればね・・結構着くまで・・恐怖感ありました。そうなっていた場合の対策グッズも積んできてましたけどね。使わず済んでほっといたしましたただきのうの雨での撥ねの箇所・・取り残し数カ所・・まずはそれらのそうじからっ。っでこすりすきで・・ちょい目地セメント取れたとこ補修・・しかし・・とことん・・私の進行のジャマしてくれますねとこの雨はこちらの作業の進行も・・濡れながら・・電気触りたくありまーんっ。そんなわけで最後しようと思ってたことしてました・・このときとの違い・・わかるかなっと。これ乾いてるからわかりにくいでしょうけど・・実は結構ブロック・・ブラック。それを取りまくっておりました。そして頃合い見て・・ですがぁ・・また・・っで・・神経超ピリピリ作業を。ピリピリのワケ・・これでわかるかと。貫通の瞬間の引き・・これに全神経尖らせました無神経な方でしたら管、線いわしていたことでしょう。っで・・しかし・・雨で・・こちら側の大事な作業・・ずらしていた間に・・まっ私が思っていた配線とちとちゃいまして・・前触ったときは・・とりあえず以前と同じに・・それしか・・っでよく見てなかったですけど今回よく見て・・前のビリビリのワケも。これはブレーカー落として・・じゃないと。ただぁ・・雨上がってからと思っていましたらお施主様のおでかけタイムに。ずっとブレーカーダウンは冷蔵庫のモノ・・その他よろしくありません。まだコンクリートチェックにも来ますしこちらでの作業は来週に・・延期することにいたしました。ただホンマ想定外の配線でございました。そして電気・・無関係作業を。本日より宅配ボックス・・使用オーケーでございますっただキー・・こちらに入れておりまーすっ。そしてこちらのポストの解錠については・・こちらの画像・・モザイクなしで・・お送りいたしましたぁ。そしてまだできること。今回のブロック撤去により再び露出したコレ・・ちと難儀しましたけど・・無事取り去りましたぁってことで16日目の作業終了いたしました。次は休み明け・・来させていただきます。今日はちとご招待ありますものでこれにて。この後の模様は・・明日はあまりブログネタございませんものでそちらでっということで・・後はコンクリートの乾燥次第・・それで完了宣言がぁ。少しでも早く・・乾いてぇ祈願ポチッ宜しくお願いいたしますっ ここんとこの天候で私の予想よりも速度緩めでございますもので・・ただコンクリートにはいいんですけどねそれでは連休中・・机の前のお仕事・・必死にガンバリマス明日は今年最大のビッグマッチも・・そちらは見ますけどね・・それだけはお許しをっではっ。

    やっと完了が見えてきましたぁ(^∇^)しかしまたまたレイニーデイ(゚ー゚;・・16日目
  3. 理解できない。宗教の問題なのでそれに対しての見解はしないが、私は個人的に、理解ができない...。過去に最高裁で病院が輸血して敗訴した判例があるが、それは患者が成人であった場合である。そもそも2歳の女の子が輸血をしたくないという意思があったのかどうか...。親権を持っているから親が決める...それなら助かる命を見殺しにして良いのか...「エホバの証人は本人の意思によらずに輸血された場合に関しては本人に罪はないとの見解を示している。」これによればこの子は輸血しても罪はないことになる、とエホバの証人が言っている。以前にもあまり信仰心のない女性が、兄弟が宗教上の問題で輸血してくれないという悲痛な悩みを告白していた。そもそも「血を食べる」と定義した昔の宗教の教えと、現代医学での輸血は意味が全く異なるのではないだろうか?亡くなった子供が2歳の女の子だけに、非常に考えさせられる事件だ...。ご冥福をお祈りいたします。以下、読売オンラインより抜粋いのちは輝く~障害・病気と生きる子どもたち 私が小児外科病棟で、小児がん治療のリーダーを務めていたとき、2歳の女児が入院してきました。胸とお腹(なか)の境あたりに3センチくらいの出っ張りがあることが、入院の理由です。丁寧に触診すると、単なる皮下の良性腫瘍(しゅよう)とは違っているようでした。私は女児に軽い麻酔をかけて、X線CTを撮影してみました。手術だけでは再発・転移 抗がん剤治療をすると輸血が必要だが… 腫瘍は胸の奥に向かって根深く広がり、肋骨にも浸潤しているように見えました。この場合、小児がんを疑う必要があります。翌週、女児は手術予定となりました。手術をしてみると、腫瘍は深く広がっていましたが、肋骨(ろっこつ)を一緒に切除することなく、摘出できました。手術が終わると、私は早速、摘出した組織の標本を病理検査部に提出しました。 1週間たって結果が届きました。病理診断は、「未分化神経外胚葉性腫瘍」というものでした。大変珍しい小児がんです。学会に報告されるような希少疾患です。でも、私はこの腫瘍を治療した経験がありました。治療は、外科手術だけではまったく不十分です。このまま放置すると、100%再発・転移します。治療の鍵を握るのは、抗がん剤治療です。 私は母親に、抗がん剤の投与計画を説明しました。全治療期間は1年を超えます。また、抗がん剤の副作用の説明もしました。嘔吐(おうと)すること、髪の毛が抜けること、骨髄の造血幹細胞がダメージを受けるため、輸血が必要になることです。治療開始は1週間後と告げました。母の意向に、上司はあっさり治療をあきらめ 予期せぬことが翌日に起きました。母親が、「病棟の責任者に会って、もう一度話を聞きたい」と言うのです。要件はわかりませんでしたが、私ではなく准教授が対応しました。私は、面談室に入っていく母親と准教授の後ろ姿を見守りました。意外なことに、2人はすぐに面談室から出てきました。准教授は、私たち医師の前に歩み寄り、「ダメだ。退院させる。あの子の両親は宗教的な理由で輸血を拒否している」と告げました。 私は思わず、「え、それって、子どもを見捨てるってことですか!」と叫んでいました。あっさりと治療を諦(あきら)めてしまう准教授の方針にも不満でしたが、私は親の考えに腹を立てました。これでは一種の医療ネグレクト(育児放棄)ではないか? 私は女児のいる個室へ駆け込みました。教えを破れば「来世で親子は再会できない」と 私は、母親に説得を試みました。若い頃、胃破裂の赤ちゃんへの輸血を、親に拒否されたときの情景が頭に浮かびました。2歳の子どもが生きるか死ぬかを、本人ではなく親が決めるとはいったいどういうことでしょうか? 話をしているうちに、母親の考えていることも、一応は理解できました。宗教を信じている人は、現世での生よりも、来世での生を望んでいる。聖書に書かれた「血を食べてはいけない」という教えを破ると、来世で親子は再会できないというのです。 私は気づきました。母親の目は、育児放棄をしている親の目ではない。自分の子どもに愛情を持っている。だからこそ輸血を拒否しているのだと。その思いを盲信と切って捨ててしまうのは簡単ですが、そうした態度を取ると、医師と患者家族の関係が崩れてしまいます。 それでも私は、何とか、この母親の考え方を改めさせようとしました。この母親との人間関係を壊さないように、子どもには最良の医療を受ける権利があることを何度も説きました。しかし、説得は実らず、母と子はその日の夕方、荷物をまとめて病棟を去っていきました。私はその後ろ姿を呆然(ぼうぜん)と見送るだけでした。 宗教に良い教義と悪い教義があるのかどうか、私は知りませんが、医療者と家族との間に生命観の決定的な違いがあると、それを乗り越えることは極めて難しいと知りました。学会ガイドラインには「親権喪失の申し立て」も 今から10年前に、学会から「宗教的輸血拒否に関するガイドライン」が発表されました。成人であれば、自己決定権が優先されます。しかしながら子どもの場合は、輸血をしないで治療する努力をするものの、場合によっては児童相談所に虐待通告し、児童相談所から家庭裁判所に親権喪失を申し立てることも求めています。 あの女児に対しても、抗がん剤を規定量の50%くらいの量で投与して、輸血を防ぎながら、がんの再発が抑えられるかどうか見極めるという考え方があったかもしれません。ただ、未分化神経外胚葉性腫瘍は非常に悪性度の高い腫瘍なので、そういった方法では結局、再発したことでしょう。 では、親権を喪失させればよかったのでしょうか? 抗がん剤治療は1年以上も続きます。親権代行者がその間、病院に付き添い続けるというのは現実的ではなかったと思います。 この女児は、およそ1年後に小児病棟に戻ってきました。最期の看取(みと)りをするためにです。輸血を拒否する宗教を持つ人の心を理解しようと努めましたが、やはり私にはできませんでした。

    たくさん共感されています

  4. はい、どーも!井上です!関西を中心に精神科医かつ産業医しています!なかなか更新が出来ずに申し訳ありませんでした。ペコリ<m(__)m>今日は涙を流すことの意味を語っていきます。涙って不思議じゃないですか。悲しいときだけでなく、全く反対の嬉しいときも出てくるなんて。この涙を流すことは3つの意味があると言われています。順番に見ていきましょう。①カタルシス効果カタルシスとは、心の中のモヤモヤをドカーンと解放して快感をえることです。日本語に直すと”浄化”になります。カウンセリングの面からみると、自分の悩みや不安やイライラ等の気持ちを言葉出して人に話することでスッキリする効果があります。まさに、それがカタルシスです。実は涙をいち早く研究したウィリアムによると、男女ともに70%の人が「涙を流した後に気分がよくなる」と答えた結果を発表しています。このように涙を流すことでカタルシス効果があるんです。②副交感神経が優位になる自律神経には、交感神経と副交感神経がありますよね。交感神経は、頑張るときに働く神経です。だから筋肉にグッと力が入るし、血圧や心拍数を上げるのです。副交感神経は、リラックスする時に働く神経です。筋肉はダラーとして、緊張がとけます。血圧や心拍数はさがります。悲しい時に流れる涙は、副交感神経が優位になっています。涙を流すことは、リラックスにつながるのです。ストレスでイライラするような時ほど、感動する映画で思いっきり涙を流すのをお勧めします。③周囲のサポートを引き寄せる誰だって泣いている人がいたら、「大丈夫かな?」、「何かあったのかな?」と思いますよね。涙によって、周囲のサポートを得られるきっかけになることがあります。特に自分からSOSの声を上げるのが苦手な人にはよい手法です。ただ、そーゆ人に限って「人前で泣くなんてダメだ…」と固まった思考にとらわれて、なかなか行動に移せないものです。誰の前でも泣くのではなく、一番いいのは信頼できる特定の人の前だけで泣くことです。また特性の人にだけ涙を見せることは、大きな自己開示です。自分の弱さを相手に開示することなので、相手も心を開きやすくなり、お互いに関係性が深まる効果mあります。それでも、なかなか涙を見せることが出来ないならば、まずは相手に「泣きたい気分です…」と言葉で伝えていってみましょう。相手がその気持ちを受け入れてくれるなら、「泣いてもいいんだ」とこちらも心に余裕が出来て自然と涙が出てくるでしょう。今日は不思議な涙についてお話しました。涙の3つの効果をおさらいしましょう。1. カタルシス効果!(感情の洗い流し)2. 副交感神経優位に!(リラックスモードに突入)3. サポートを引き寄せる!(言葉に出来ない辛さを伝える)泣いてもいいんです。我慢する必要はありません。世間的には涙を流すのはいい印象が無かったりしますが、少しでもイメージが変われば嬉しいです。今日から思いっきり泣きましょう。あっ!でも私は女性の涙には弱いのさ…ふっ…決まった…では、今日はこのへんで!See You NextTimeBye-Bye!!============@tatakau_sangyoiをフォロー(精神医学や産業医学などの内容を楽しくツイートしています。)これからも私は戦いますので、応援していただける方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)    ⇓人気ブログランキングにほんブログ村

    たくさん共感されています

    泣いてもいいんです。精神科医の教える涙の3つの効果。