みんなが見ている注目記事

  1. 平成最後の初詣
  2. はい、どーも!井上です!関西を中心に精神科医かつ産業医しています!ラフな人生をめざしていきましょう(^^)産業医をしていると、どーしても健診の知識は必要になってきます。世の中ではこれだけ予防医療の必要性が叫ばれています。だからこそ、今後も健康診断は大切になるでしょう。さて、今日はタバコの話をしていこうと思います。実は、少し前に私と同じように、医師でブログを更新されている先生と話したことがあります。その先生のブログ信念として、【タバコの記事は書かない】ってことらしいです。その理由を聞いてみました。すると…・タバコ吸ってる人がブログ嫌って訪問しない・タバコ産業があるんので、その批判になるって感じでした。まぁブログってのは趣味でしょうから、考え方は人それぞれです。しかし、私はタバコを批判するというよりもタバコがどのように人間い影響があるかを世に伝える必要はあると思います。とくに、我々は体のプロなんですから!ということで、今日はタバコのお話です!あ~、これで読者が減ったら…仕方ないですねwwさて、みなさん。タバコが健康に悪いイメージがありますよね?はい、その通りです。日本人の死亡に関わるリスク因子って色々あります。例えば、高血圧・運動不足・高血糖…など。これらを名だたる危険を抑えて、堂々の第1位がタバコです!タバコは、肺を悪くするイメージがありますよね。しかし実際は、タバコは全身の血管にも大きな影響をもたらします。なので、心臓や脳などにもダメージを与えてしまうのです。タバコが原因と言われる疾患で、何と年間13万人が逝去しています。すごく単純計算ですが、もしタバコがなくなれば、年間13万人の命が救われます。これは、画期的な治療だとは思いませんか。そして、たくさんの人が勘違いしていることがあります。それは…タバコのがんと言えば、肺がんだけってことです。いえいえ、それだけではありません!国際がん研究機関や国立がん研究センターがしっかり発表してくれています。・肺がん・鼻腔/咽頭がん・口腔がん・咽頭がん・喉頭がん・食道がん・胃がん・大腸がん・膵がん・肝臓がん・腎がん・膀胱がん・子宮頸がん・卵巣がん・骨髄性白血病全部で15種類!!もちろんリスクの割合は違いますが、タバコはこれらすべてのリスク因子となります。ちなみに、肺がんに関しては研究も進んでおりデータがたくさん出ています。例えば、タバコによる肺がんのリスクは次のように上昇します。男性:4.4倍女性:2.8倍ひゃ~(´;ω;`)あなたはそれでも、まだタバコを吸いますか?では、今日のおさらいです。タバコについてリアルなデータも交えてお話しました。日本人の死亡に関わるリスク因子としてNO1がタバコです。タバコは全身の血管に大きなダメージを与えます。そのため、脳や心臓といった生命に直結する臓器がやられます。あと、タバコによる癌は肺がんだけではありません!15種類もの全身の臓器のがんリスク因子となります。ここまでの事実があるとしても、あなたは、まだタバコを吸いますか?おっと…これ以上言うと…「そんなことは知っている!」と、けむたがられますね。タバコだけにw確かにタバコは嗜好品です。しかし、少なくとも正しい知識をもって、付き合ってくださいね。では、今日はこのへんで!See You NextTimeBye-Bye!!=(下記、宣伝です。ペコリm(__)m)=私が下記の日時でイベントします。2019年2月11日(月・祝)14:00 オープン14:30 開始16:00終了場所:サンクチュアリ出版 地下1Fイベントホール(東京都文京区向丘2-14-9)電車ならば、南北線・東大前駅徒歩5分です。申し込みはこちら!=============@tatakau_sangyoiをフォロー(精神医学や産業医学などの内容を楽しくツイートしています。)============これからも私は戦いますので、応援していただける方は、ぜひともポチっとよろしくお願いします(^^)    ⇓人気ブログランキングにほんブログ村

    たくさん共感されています

    あなたはそれでも、まだタバコを吸いますか?